自分ビジネスをつくろう。

 

40歳過ぎたら、そろそろ自分の人生経験やビジネスで培ったノウハウを体系化して、

自分オリジナルのビジネスをはじめましょう。

人生100年時代、末長く暮らすために、本業とは違う、複線的なビジネスを今から準備する。

 

つまりは、そんなご提案です。

蒼井です。
本業はシンクタンクの研究員。
市場調査やマーケティング企画、世の中の動向などを
いろんな手段を使ってお得意先に報告しているサラリーマン。
広告代理店系なのでマーケティングの企画やコピーも書きます。

 

情報収集と分析、マーケティングを日常の生業としている

シンクタンクの仕事術を持って、

”自分ビジネス構築術”をお伝えます。

 

シンクタンク。
ビジネス領域の先行指標をいつも捉えています。

次に何がはやるのか?
その領域は突っ込んで行っても、銭になるのか?
応用できる仕組み(銭になる仕組み)を見つけて出し、依頼主の案件で再現させる。
起こっている物事(現象)のウラの構造までも、つかみます。
その気になれば、大抵のことを丸裸にできます。

 

シンクタンクは、そんなスキルを生業にして
お得意先(依頼主)に価値を提供して、報酬をいただく稼業なわけです。

そんなシンクタンクの現役研究員がとらまえた、
自分ビジネス=コンテンツビジネスの解釈=蒼井流のビジネスモデル

蒼井流のビジネスモデル、お伝えします。

 

 

”コンテンツビジネスの本質”をあなたに。

 

個々人が、自分のパーソナルなビジネスをもって収益を上げられる。
それは誰でも、できるものです。

例えば、
自転車に乗ること。
泳ぎをマスターすることと同じ。

初めて乗れた時のカンドー、覚えてますか?

これは、自転車にのってこけまくって傷だらけにならないと、見えてこない世界。
プールに入らないと泳げない。のと同じ。

でも、実際にやればできる。ただそれだけのことなのです。

「自分ビジネス」作りもそんな感覚で捉えられるレベルになると、あとは早い。
そんな”コツ”の会得が、必要なわけです。

 

あなたのお仕事が消えて無くなる日

 

仕事に貴賎はありません。

どんな仕事も、大切な価値があります。

しかしながら、機械やコンピューターで代替できる付加価値のあまり高くはない仕事も、あります。

もし、あなたの仕事がそのような分類をなされるなら、10年後、あなたの仕事は無くなります。

間違いなく。

AI(人工知能)の研究者であるマイケル・A・オズボーン准教授は
総雇用者の仕事のうち、47%が、10〜20年後には機械によって代わられる。

という予測をしています。
バーテンダーの仕事でさえ、コンピュータに代わられる確率は77%。

 

Googleをはじめ、開発が進んでいる自動車。
そこで消える仕事は、運転手、ドライバー。

このことは何もドライバーだけの話ではありません。
受付、コールセンターの電話オペレーター、銀行の融資担当・・・。
機械にとって変えることができる、ルーティーンでこなせる労働作業的な仕事は、

時間の差こそあれ、人の手を離れます。

そしてますます雇用環境が厳しくなるのは必至です。
それは、避けられない未来。

 

会社、組織内での人間関係とか、

本当は・・・どうなのか?

 

将来も不安だけど、実は今はまさにここ=今いる社内の居心地=がいちばん、きつかったりします。

少し性格が優しかったり、
物腰が柔らかかったり、
思ったことをヅケヅケ言わない(言えない)人は
スケープゴート(言いやすいから、周りから言われまくる生贄)
つまり犠牲者になりやすいわけです。

 

私もそうでした。
営業がいやで人間関係もいやでいやで、たまらなかった。

よく、奥さんにわからないようにクローゼットに顔を突っ込んで、泣いていました。
(なんでクローゼットだったんだろう?)
自分の意見が強く言えない。
上から覆い被られやすい人もいるわけです。

 

 

会社にいる間にこそ、

会社から徹底的に搾取してやれ!

 

そんな苦しさがあったとしても、
あなたの収入源が今の会社である場合は、早まってやめるべきでは、ありません。

できるだけがんばって、
会社員でいる間に、サラリーマンで受けられるメリットを
徹底的に”搾取”すれば良いのです。

 

会社から搾取してやる姿勢。

いろんなノウハウや経験、人脈、会社経費の研修など、今のうちに利用するわけです。
その傍らで、密やかに複線的な収益を確保するビジネスを走らせる。

 

どうしても耐えられなくなったら、
自分から行きたい部署への移動を願い出てみればいい。

 

それは、みんながやらないから、効果がある。

私が営業から脱出した時に、
経営陣にゲリラ的に提出した企画書をこちらでお渡ししています。
どうしても会社で苦しくなったらこれ、参考にしてみてください。

自分で自分の希望部署に移るための企画書です。

悩んだら、相談してください。

これからあなたには蒼井が付いています。

 

複線的な収益源を確保する。

 

これが私が発信するコンテンツのテーマ。

自分の力で銭を稼ぐ、自分ビジネスを作っておく。

そして家族を(さらに)幸せにする。

 

そのために何をやるか?
そのために鍛えておくべきスキルは、たったの3つなのです。

 

Ⅰ.自分メディアを持つ=自分情報を発信する情報発信基地をつくる

Ⅱ.自分商品をつくる=伝わる言葉と編集力を磨く

Ⅲ.お客さまをつくる=自分ファンのコミュニティをつくる

 

この3つを鍛えましょう。

この3つのスキルを使いこなすことができれば、
ビジネスは、いくらでも起こせます。

 

体系的に整理したのが、この自分ビジネス構築コーンTM

シンクタンクという本業での経験と知見。

情報コンテンツで稼いでいる仕組みや成功事例の分析。

起業家へのヒアリング。

世の中の変化予測、トレンドなど、
あらゆる角度からの情報をすべて鑑みて
シンプルに絞り込んだのが、
この3つ。

 

3つの突破口

この3つをきちんと整える。

 

Ⅰ.自分メディアを持つ=自分情報を発信する情報発信基地をつくる

Ⅱ.自分商品をつくる=伝わる言葉と編集力を磨く

Ⅲ.お客さまをつくる=自分ファンのコミュニティをつくる

 

これに、集中しましょう。
これがビジネスの本質です。

私のメルマガ会員さまには、専用サイトをご用意いたしました。 

 

ノウハウや情報をシェアする、シェアリング・スペースを作りました

 

メルマガ読者にみなさまへご用意します。

どうぞご自由にお使いください。

 

 

今いる会社を快適にするための知恵と
密やかに走らせる伏線的な自分ビジネス構築のヒント。

そんなものをシェアリングするスペースです。

どうぞごゆっくり、そしてご自由にお使いください。

 

 

さあ、大逆襲の始まりです。

50歳や60歳過ぎてもしみったれた根性で
人の作った会社にぶら下がろうなんて考えずに、
自分の裁量でできる自分のビジネスを持ちましょう。

 

自分の情報発信基地をもって
自分オリジナルの価値を発信して
稼ぐチカラを身につける。

 

自分の身を助ける3つのチカラをマスターする。

そんな変身を目指す方は以下からどうぞ。

もちろん無料です。

 

お名前
メールアドレス

万が一のために迷惑ホルダーに入らない設定方法